不動産の買取

不動産の買取に関してのことについてとりあげてみたいと思います。自分の所有する不動産を売るには売買の仲介を不動産会社がすることで、不動産の買い手を探してもらうという方法もありますがそれ以外に、不動産業者に売却をしてしまうこともあります。この場合はその不動産の査定額は不動産会社ごとに、わりと違いがあるのが通例ですから、その不動産会社はいくらで買い取ってもらえるのかしっかりと見積もりをしてもらわなければなりません。

 

ここで忘れてはいけないのは、業者により違うということで不動産の査定額が自分の希望よりだいぶ安かったら、他の業者にも同じ不動産を査定してもらうのがよいですし、はじめから数社の不動産会社に売却したい物件の査定の依頼をするということをおすすめしたいと思います。その他にも、例えば、場合によって仲介物件ということで広告をして買い手がなかなか居ないようでしたら、買取をすると不動産会社から打診があるようなパターンもあるようですね。

 

しかし多くの場合には仲介をして手数料収入をえることより買取って転売した方が儲かることを知っているので、ほんとうは買い手はわりと見つかるような物件でも、買い手が見つからなかったと言って自分たちで買取をするということにして、売れないからと安く買いたたいて転売して儲けようとするような悪徳不動産業者もありますので一社だけに聞いて不動産を売却するのは危険です。